読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せめてはっきり言おうではないか. Googleは無能であると

 

 

デマや偽情報の拡散問題において,WELQの問題でDeNAは叩いても結局Googleを叩く人は少なかった.

 

私はここでまたもや大きなる権威の前では日本人はおとなしい奴隷となると言う実例を見てしまった.日本人にはGoogleほど巨大な存在に対しては盲目的に追従するのだ.

 

 

bylines.news.yahoo.co.j

 

 

上記のニュース *1は見方によればGoogleはデマ情報を重要な情報としてそのリンクを編集してwebページを作成してるとも言える.ただそうしてるのがアルゴリズムか人かがDeNANaverまとめとの違いである.

 

これらのサービスによって得られる負の側面はほとんど本質的には変わらないではないか?

 

なぜアルゴリズムがやったことは責められず、人間が直接編集したことは責められるのだろうか?人間がやったのだからその馬鹿な人間が悪く,そのような分別のない人間は許されないと人は言う.

 

しかし分別のないアルゴリズムは許されるのか

 

分別のないアルゴリズムを優秀だといい、デマを含む文章を重要な情報であるかのように編集、作成して広告収入で大儲けする企業は許されるのか?その企業からたっぷり高給をもらって自分たちは優秀なグローバル・エリート面してるエンジニアは許されるのか?

 

なるほど彼らもその(豊かな)生活があるのかもしれない.または老後が心配なのかもしれない.

 

しかしせめてはっきり言おうではないか.

 

Googleの検索アルゴリズムは無能であると

 

 

Googleの検索エンジニアは無能であると

 

追記1:

 受け取る側のリテラシーに触れられる方が何人かおりますが、検索エンジンが無能であることと 受け取る側が無能であることは両立しますので、両方批判すればよろしいのではないでしょうか。と言うより受け取る側のネットリテラシー云々こそ手垢のついた議論でありまして、海の向こうでは陰謀論を信じてピザ屋を襲撃する事件まで起きている時代に、そんな寝ぼけた片側戦略で状況が好転すると思ってるならお花畑としか言いようがありません。

 

追記 2:

現状の検索エンジンで一番優れていると言う反論をされる方もいますが、現状で一番優れていようが、やはりクソなものはクソなのです。そうやって現状に不満を持ってこそ初めて新しいものが生み出されるのです。ブコメを見る限り、現状肯定してるGoogle先生の奴隷根性丸出しの方が多数を占めている日本社会において新しい検索エンジンイノベーションなど生まれようがないでしょうね。そもそも改善への欲望がないんだから。そして私の提案はそのような現状肯定はクソであると言う主張なのです。

追記3:

「ならお前が作れ」勢の人に対しては基本的には追記2で反論は足りてると思いますが、タイトルに「せめて」と書いてる意図を理解してもらえればと思います

 追記 4:

当然これを書いてる私はGoogleより優れた検索エンジンを作る能力などない。しかしそれもやはりGoogle検索エンジンが無能であることと関係はないのだ。それでも検索エンジンの現状を肯定するよりはましなことをしてるつもりだ。予想外に読まれてるようなので、これが多くの検索技術に携わる真に優秀なエンジニアに伝わることを願っている。

  追記 5:

技術的に不可能ならそれをさっさと見極めて適切に(NPOや第三者に依頼するなりして)人的コストを支払ってデマをフィルタリングするような仕組みを提案しなければならないだろう。そのような社会的に必要なコストをかけずに他の自動運転などの技術に投資を回しているならそれこそ詐欺的行為だ.いずれにせよ現状では無能のレッテルで問題なかろう

 

 

yuko-hirom.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

*1:批判を始めたのはイギリスの新聞で歯に衣着せぬ批判で有名なThe Guradiganである.日本のメディアはいい子ちゃんばかりなので羨ましい限りである.